閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年7月19日 メキシコ 佐藤すみれ

ニカラグア:B2Gold社、反政府抗議活動が生産に影響

 2018年7月11日付け地元紙の報道によると、加B2Gold社(本社:バンクーバー)は、国内で続く反政府抗議活動が同社保有2鉱山における生産に影響していることから、2018年の生産目標を下方修正した。社会保証制度改正案に対する抗議運動は2018年4月より激化し、現在まで少なくとも300人の死者が出ている。La Libertad鉱山では当初は生産量が増加しつつあり、目標量を達成するだけでなく予算も計画の範囲で収まると見られていたが、政治的混乱により6月に必要原料の販売が制限されたことが生産に影響した。2018年第2四半期における金生産量は目標を13%下回る21,408ozとなった。同鉱山における2018年の生産目標量は当初の115,000~120,000ozから、110,000~115,000ozへと下方修正されている。また、El Limón鉱山では雇用問題による妨害活動が発生している。同鉱山における金生産量は目標量を20%下回る11,109ozとなり、年間生産目標量は5,000oz減の50,000~55,000ozと発表されている。同社では労働者との対話の場を設け、平和な的解決を望んでいる。

ページトップへ