閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2018年7月19日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Mexican Gold Corp社、Pueblo Nuevo地区で高品位鉱化作用を捕捉も地元対策必須

 2018年7月13日付け地元紙によると、加Mexican Gold Corp社幹部は、地元紙に対し、同社がVeracruz州に保有するLas MinasプロジェクトのPueblo Nuevo地区において高品位の金、銀、亜鉛の鉱化を捕捉したことをあらためて説明し、Veracruz州に保有する6つのコンセッション(1,616ha)において、金、銀、銅をターゲットとした探鉱・開発を進めることを強調した。同社は、2018年3月に同プロジェクトのEl Dorado地区において実施したボーリング調査において、浅部において予想を超える金、銀、銅の鉱化を捕捉しており、当時、同社幹部はEl Dorado地区からの連続性が確認できたとその成果を強調し、Pueblo Nuevo地区の発表に至っている。一方、同州では、環境学者、地域住民による反鉱山活動が発生しており、La Pailaプロジェクトでは、開発中止の抗議運動が発生しており、今後の動向には注視が必要である。

ページトップへ