閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2018年7月20日 シドニー 吉川竜太

豪:英NQ Minerals社、TAS州Hellyer金-銀-鉛-亜鉛鉱山の尾鉱再処理開始に向け、オフテイク契約を締結

 2018年7月17日付の地元メディアは、英NQ Minerals社の子会社であるHellyer社が、休山中のTAS州Hellyer鉱山の尾鉱を再処理し、鉱山の再開を計画していると報じている。同鉱山には前鉱業権者が残した約9.5mtの尾鉱が存在しており、品位:Au 2.61g/t、Ag 104g/t、Pb 3.03%、Zn 2.5%が含まれる。同社はこの尾鉱を既存の選鉱施設を改修して再処理することを計画しており、2018年9月あるいは10月には試験操業を開始することを見込んでいる。同社は、ルクセンブルグを拠点とする商社であるTraxys Europe社との間で操業開始後5年間の精鉱を販売する見返りとして10mUS$の前払い枠を定めた合意書を締結したことを7月11日付で発表している。

ページトップへ