閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2018年7月23日 ロンドン ザボロフスキ真幸

ギニア:Magassouba鉱山大臣、Simandou鉄鉱石プロジェクトにおける権益売却の最終合意に向けてRio Tinto及びChinalco社は交渉継続中だと言及

 2018年7月18日付けのメディア報道によると、ギニアSimandou Block 3&4鉄鉱石プロジェクトに関して、同国のAbdoulaye Magassouba鉱山大臣はRio Tinto及びChinalco社と契約について最終交渉を続けていると言及した。
 2016年10月、Rio TintoはSimandouプロジェクトの権益売却に係る基本合意書をChinalco社と署名したことを発表した。これに対し、Magassouba鉱山大臣は、同国政府はRio Tinto及びChinalco社と共に最終合意を確定するための話し合いを進めているとし、大型プロジェクトにおいて予想以上に話し合いが長引くのは当然のことだとした。また、大臣は契約が成立することを信しているとし、契約合意後、直ちにプロジェクトを再開すると述べた。報道によると、最終合意が長引いている背景の一つにはChinalco社がSimandou Block 3&4のみでなく、Simandouプロジェクト全体を取得することを望んでいたからだと関係筋が伝えている。しかし、Magassouba大臣は、売却対象はSimandou Block 3&4であると明確にしている。

ページトップへ