閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2018年7月24日 シドニー 吉川竜太

豪:対中国向けのリチウム販売価格が2四半期連続で下落

 2018年7月17日付の地元メディアによると、中国向けのリチウム販売価格が2四半期連続で下落している。豪Galaxy社が中国向けに輸出している炭酸リチウムの2018年4~6月期の販売価格は18%、水酸化リチウムは4%、前期比で下落した。これは、2018年1~3月期にそれぞれ前期比で10%、3%下落したものに引き続くもので、炭酸リチウム・水酸化リチウムともに中国向けの価格は2四半期連続の下落となった。Galaxy社は今回の2四半期連続の中国向け販売価格下落の原因に関し、中国のリチウム市場が価格面で一時的に成熟した状況にあること、中国政府によるEV補助金制度に変更があったことを理由に上げ、これまで中国のリチウム価格は、一般的に他国における価格よりも高い傾向があったが、今後この価格差がなくなる予兆かもしれない、としている。一方、リチウムは化学状態や純度などにより数百種類の商品があり、それぞれが異なる値付けで取引されているため、投資家は一つのリチウム商品価格のみに囚われてはならない、とアナリストが警鐘を鳴らしている。

ページトップへ