閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2018年7月27日 シドニー 吉川竜太

豪:WA州Wodginaリチウム鉱山における選鉱施設導入プロジェクトと、マイナー権益売却プロセスの進捗について

 2018年7月24日付の地元メディアによると、豪Mineral Resources社はWA州で操業中のWodgina Li鉱山に関し、選鉱施設導入プロジェクトの現状を報告した。それによると、Mineral Resources社はWodgina鉱山の山元に品位:Li2O 6%のリシア輝石精鉱を750kt/y製造可能な選鉱施設の導入を進めており、2018年10月の試験操業開始を目指している。プロジェクトに必要な破砕プラントや3系統の選鉱施設、発電設備などの建設のためのCAPEX見込額610mA$の大部分は手当済みであり、品位:Li2O 6%のリシア輝石精鉱販売価格が960US$/tであれば、本格操業開始後における同プロジェクトのEBITDAは600mA$/yとなることが期待される。Mineral Resources社は2018年4月に発表したWodgina鉱山のマイナー権益売却プロセスに関しても言及しており、同鉱山の権益最大49%に対する最初の非公式応札が2018年8月中に実施される予定であり、2018年中の取引完了を見込んでいる。

ページトップへ