閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年8月2日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Fresnillo社、San Julian鉱山の水不足問題により2018年銀生産計画を下方修正

 2018年7月25日付け地元紙によると、Fresnillo社は、同社が保有するSan Julian金・銀鉱山において水不足の問題発生により、2018年銀生産量を2,084~2,117tから2,006~2,099tへ下方修正すると発表した。同社関係者は、水不足問題は、貯水池の建設に係る手続きの遅れに起因していると述べている。一方、金生産に関しては、Herradura金・銀鉱山の貯鉱を継続的に使用することで当初計画の27.1tと同程度の28.0~28.9tとなるとしている。2018年第2四半期の銀生産量は、Fresnillo鉱山、Saucito鉱山及びSan Julian鉱山の粗鉱品位が低下したものの前年同期の451tから476tに増加した。また、金生産量は、Saucito鉱山の品位上昇と回収率の向上及び粗鉱処理量の増加、Noche Buena鉱山、Herradura鉱山及びFrasnillo鉱山の金品位向上により前年同期の7.0tから7.3tに増加した。また、鉛、亜鉛の生産量はCienega鉱山の品位と回収率が低下したものの、San Julian鉱山、Saucito鉱山の粗鉱品位の向上により増加している。

ページトップへ