閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アンチモン タングステン 亜鉛
2018年8月3日 リマ 栗原健一

ボリビア:2018年第1四半期の鉱物輸出額

 2018年7月18日付け地元紙は、鉱業冶金省のデータによれば、2018年第1四半期の鉱物の輸出額は668.2mUS$で、前年同期比で24%増となったと伝えた。亜鉛、金、アンチモン、鉛、タングステンの輸出が好調で、錫、銀、銅等は不調であった。輸出の67.8%がアジア14か国に向けられ、その内訳は、韓国184.9mUS$(全体の18.7%)、インド161.1mUS$(同16.3%)、日本139.8mUS$(同14.1%)、中国90.2mUS$(同9.1%)、アラブ首長国連邦(UAE)89.3mUS$(同9%)等となっており、これら5か国への輸出合計が67.5%となった。なお、UAEのランクインは金の輸出によるもので、2017年同期と比べ、78.4%増である。

ページトップへ