閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年8月8日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:Goldcorp社とFrisco社による共同調査は2018年第2四半期末に開始予定

 2018年6月30日付地元紙の報道によると、加Goldcorp社と墨Minera Frisco社による鉱山開発可能性調査・評価の共同実施に関し、両社はGoldcorp社がZacatecas州に保有するPeñasquito鉱山近くに位置するMazapil鉱区23,300haにおいて2018年第2四半期末に共同ボーリング調査を実施予定である。対象は同鉱山からほど近いSanta Cruz地区と発表されているものの、現在は探鉱初期段階にあり、同プロジェクトの探鉱予算額はSanta Cruz地区における調査の結果次第とし、未だ発表されていない。調査結果は2018年第3四半期に発表される見込みである。
 Frisco社の子会社Minera Tayahua社はMazapil鉱区の60%の権益、40%の権益をGoldcorp社の子会社であるMinera Peñasquito社がそれぞれ保有し、探鉱費用はそれぞれが5割負担とする。将来的にはGoldcorp社がオペレーションを管理し、4社による技術管理委員会が監督を行うこととなる。Goldcorp社とFrisco社はプロジェクトの資金調達が不足している場合や、一方の当事者のみが資金調達を達成した場合を除き合弁企業として開発を続けることとなる。

ページトップへ