閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 プラチナ
2018年8月14日 ロンドン ザボロフスキ真幸

南ア:AMCU、Implats社の雇用削減に対しストライキを辞さないと警告

 2018年8月7日、鉱山労働者・建設組合連合(Association of Mineworkers & Construction Union,AMCU)のJoseph Mathunjwa会長はプレスカンフェレンスにてImpala Platinum(Implats)社が発表した雇用削減に関して、協議プロセスが失敗に終わった場合、ストライキを起こすと警告した。Implats社は、今後2年間に渡り従業員13,000名を解雇すると発表しているが、解雇を実施する前に労働関係法(LRA)第189条(経営上の理由による解雇)に基づき、労働組合等の関連ステークホルダーと協議プロセスを開始する必要がある。Mathunjwa会長は、裁判で争う費用は無いが、操業を停止させ、白金を1オンスも生産しないことはできると警告した。AMCUは、2014年の給与交渉の際に、5か月に渡るストライキを実施し、経済成長に大きな影響を与えた経緯がある。また、Mathunjwa会長は南ア政府に対しImplats社が閉鎖を予定しているシャフト5本を国営化すれば、持続可能な雇用体系を確立することができ、同国の失業問題に取り組むことができるとも言及した。

ページトップへ