閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年8月14日 シドニー 吉川竜太

豪:Rio Tinto、WA州で相次ぐ新規大規模プロジェクトの開始により労働者コストが上昇するリスクを指摘

 2018年8月2日付の地元メディアによると、Rio TintoはWA州で同時に進行している新規大規模プロジェクトにより、同州における鉱山労働者の需要が40%増加しており、今後コスト増につながる可能性があることを指摘している。それによると、WA州Pilbara地域ではRio Tinto、BHP、Fortescue社が同時並行的に新規プロジェクトを立ち上げており、一方で地域の労働力には限りがあることから労働コストの増加につながる可能性があるとしている。Rio Tintoはこの傾向は豪州のみならず、鉱量が枯渇しつつあるプロジェクトに代わるための新プロジェクト建設が続く鉱業国など、世界中で認められる傾向であるとしている。

ページトップへ