閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2018年8月14日 シドニー 吉川竜太

豪:三井物産、NSW州Hawsons磁鉄鉱プロジェクトのBFS実施費用の一部を負担し、磁鉄鉱精鉱オフテイク権のオプションを取得

 2018年8月6日、三井物産が豪NSW州西部にHawsons磁鉄鉱プロジェクトを保有する豪Carpentaria社及びPure Metals社との間で、同プロジェクトのBFS実施に必要な総費用27mA$の20%にあたる5.4mA$を負担する見返りに、同プロジェクト開発後の生産量10mt/yの20%にあたる2mt/yの磁鉄鉱精鉱のオフテイク権を獲得するためのオプションを取得する契約を締結したことが明らかになった。同オプションを行使する際、三井物産はHawsonsプロジェクトの建設費用の一部として60mUS$を融資することが条件となる。三井物産によると、同プロジェクトは鉱石が柔らかく粉砕プロセスが容易であり、不純物が分離しやすい特性を有しているため、生産に関わるコストが比較的低く、高い価格競争力を有すると見込んでいる。Hawsons磁鉄鉱プロジェクトは、埋蔵量755mt、Davis Tube Recovery:14.7%で、111mtの磁鉄鉱精鉱が比較的簡便な処理で生産されることが見込まれている。

ページトップへ