閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年8月14日 シドニー 吉川竜太

豪:休山中のTAS州Aveburyニッケル鉱山、2019年前半から操業再開か

 2018年8月7日付のメディアは、豪州の非上場企業であるDundas社がTAS州のAvebury Ni鉱山を2019年前半に操業再開させることを計画しており、スイスの商社であるTransamine社との間でオフテイク契約を締結した、との関係筋の情報を報じている。報道によると、Avebury鉱山は2009年以降休山状態となっており、2017年に豪MMG社からDundas社に売却された。再開後同鉱山からは7~8ktのニッケルが生産され、全量に関してTransamine社がオフテイク権を保有する見返りに、鉱山再開に向けて数十mA$程度の資金提供をする予定である、と報じている。

ページトップへ