閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛
2018年8月14日 北京 関淳夫

中国:羅平亜鉛電社の玉合鉛亜鉛鉱山は、採掘許可証有効期限満了のため生産停止へ

 安泰科によれば、羅平亜鉛電社の子会社である普定県宏泰鉱業有限公司の玉合鉛亜鉛鉱山の採掘許可証有効期限が満了し、生産を停止した。
 宏泰鉱業社は貴州省普定県内の企業であるため、貴州省国土資源庁2017年の新しい規程に基づき、採掘権を新規設置、延長更新または変更する場合、鉱産資源グリーン開発利用計画案をエコラインに沿って作成する(鉱産資源グリーン開発利用計画案とは、これまでの鉱産資源開発利用計画案、鉱山土地再開計画案、鉱山地質環境保護・処理復旧計画案を一つの計画案に統合すること)。貴州省エコライン計画案は、2018年7月初めに国務院により承認し公表した。政策や関連新規増加事業に基づき、宏泰鉱業社は、時間通りに採掘許可証に関する計画案を完成していないため、玉合鉛亜鉛鉱山の採掘作業が停止となった。現在、当該グリーン開発利用計画案を貴州省計画院に提出し、専門家による評価審査を経て、8月10日までに貴州省国土資源庁に提出し、審査承認が行われ、採択後省庁から登録文書が発行される。グリーン開発利用計画案等を含む他の延長更新に必要な書類を提出し、採掘許可証の有効期限延長更新手続きを行う予定。宏泰鉱業社は、玉合鉛亜鉛鉱山の採掘許可証有効期限満了後、採掘作業を停止しており、2018年8月末または9月初めに復旧できる見込み。
 宏泰鉱業社玉合鉛亜鉛鉱山は、年間鉱石生産量を10万tと予定しており、現在、採掘許可証の延長更新の進捗状況から見ると、宏泰鉱業社の生産経営計画の達成に影響を与えないため、期限満了による生産停止については、企業の業績にも大きな影響を与えない見込。

ページトップへ