閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年8月16日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Antam、西Papua州のニッケル製錬所建設プロジェクトのパートナーを募集

 2018年8月6日付地元メディアによると、国営非鉄金属会社Antam(PT Aneka Tambang)は、西Papua州Sorong県において建設計画中のニッケル製錬所のパートナーを募集していると発表した。本建設プロジェクトは2022年第4四半期操業開始が目標で、総額10億US$の投資価値を有しているとのこと。現在、中国から3社、フィリピンから1社の計4社がパートナー候補として選考過程に残っているとしている。
 本製錬所の原料は、同州Gag島で生産しているニッケル鉱石となる計画。Gag島のニッケル鉱山は、埋蔵量が3億9,100万t、2017年末から採掘を開始、2018年末までに90万tのニッケル鉱石を生産できると推計されている。本製錬所完成までは国内の他製錬所にて処理される予定である。

ページトップへ