閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年8月21日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:Minera Alamos社、La FortunaプロジェクトのPEAを発表

 2018年8月16日付地元紙は、加Minera Alamos社(本社:トロント)がDurango州に保有するLa Fortunaプロジェクトにおける予察的経済評価(PEA)の結果を以下の通り報道している。税引き後NPVは90.6百万C$(割引率7.5%)で、IRRは93%、CAPEXは34.9百万C$と試算している。同プロジェクトの鉱山寿命は5年で、全維持コスト(AISC)は571C$/oz、年間生産量は金43,000oz、銀220,000oz、銅1,000t、金相当50,000ozである。精測・概測資源量は3.5百万t、うち金309,800oz、銀1.8百万oz、銅7,600t、品位は金2.78g/t、銀16.5g/t、銅0.22%である。なお同社は、今回のPEAは、ピットのうち初期生産予定の部分における計125本の試錐から試算された結果であると述べている。また、同社は現在、粗鉱処理量を当初予定の1,100t/日から2,000t/日に引き上げるための許可を申請中である。

ページトップへ