閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年8月27日 シドニー 吉川竜太

豪:Newcrest社、2017/18年度決算における増益とNSW州Cadia金-銅鉱山の拡張プロジェクトPFS結果を報告

 2018年8月22日付のメディアによると、豪Newcrest社は2017/18年度の決算報告を発表し、異常な事項で調整した定常的利益であるunderlying profitは、2016/17年度の394mA$から増加して459mA$に、EBITDAは1.4bA$から増加して1.56bA$となったと報告した。同社の2017/18年度における産金量は前年度比1%減の2.34moz、産銅量は7%減の78ktであったが、好調な金属価格に支えられ増益となった。同社は2018/19年度の目標産金量として、2.35~2.60mozを設定している。
 同社はこの決算報告に合わせてNSW州Cadia Au-Cu鉱山の拡張プロジェクトに関するPFS結果も報告しており、必要な投資額は総額で598mA$と見積もられている。内訳は、選鉱施設の処理能力を30mt/yから33mt/yに拡張するのに必要な予算が約58mA$、新規ブロックケーブであるPC2-3の開発費用が540mA$である。2020年前半の完成を目指すFSの過程で選鉱施設の処理能力を最終的に35mt/yへ拡張することを検討する。

ページトップへ