閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト ニッケル
2018年8月28日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:製錬所建設の進捗状況報告義務を怠った4社の輸出許可を一時停止

 2018年8月18日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省は、国内製錬所建設に関する進捗状況報告義務を怠ったニッケル鉱業会社3社及びボーキサイト鉱業会社1社の輸出許可を、一時的に取り消した。取り消された会社は、ニッケルはPT Surya Saga Utama、PT Modern Cahaya Makmur及びPT Integra Mining Nusantara、ボーキサイトはPT Lobindo Nusa Persadaである。これにより、減少する輸出割当量は低品位ニッケル鉱石422万wmt、洗浄工程後ボーキサイトは150万wmtである。4社は、四半期毎に義務付けられている製錬所建設進捗状況報告を2期連続で提出しなかった。
 なお、低品位ニッケル鉱石及び洗浄工程後ボーキサイトの輸出許可は、6か月毎に実施する製錬所建設進捗状況評価において各期中の計画達成度が90%を下回った場合には、輸出許可停止や罰金支払い等の制裁を科されることが規定されている。

ページトップへ