閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年8月28日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Antamがニッケル特別鉱業事業許可地域(WIUPK)2か所を落札

 2018年8月23日付地元メディアによると、国営非鉄金属会社Antam(PT Aneka Tambang)は、入札となっていた6か所の特別鉱業事業許可地域(WIUPK)のうち2か所を落札したことを明らかにした。2か所とは、南東スラウェシ州北Konawe県Matarape地域及び中部スラウェシ州Morowali県北Bahodopi地域で、鉱種はいずれもニッケル。エネルギー鉱物資源省によると、落札した場合に納付が必要となる補償額はそれぞれ1,851億、1,848億IDR(いずれも約14.2億円)。AntamはこれらWIUPKの所有権の10%は地方政府に譲渡する予定。
 同じく入札となっていた残り4か所のWIUPK(ニッケル3か所、石炭1か所)については、入札者が政府の設定した要件を満たすことができず落札しなかった。これらは後日再度入札にかけられる。

ページトップへ