閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年8月28日 ジャカルタ 南博志

フィリピン:Nickel Asia社、2018年上半期は減収増益・輸出量減少

 2018年8月10日付地元メディアによると、フィリピンのニッケル大手Nickel Asia社(NAC)は2018年上半期(1~6月)の決算において、売上高が前年同期比5.7%減の73億7,558万PHP(約154億円)、純利益が同2.2%増の15億6,868万PHPとなったことを公表した。これは、インドネシアからの低品位ニッケル鉱石供給増に伴う価格低下により売上高が減少したものの、ペソ安に伴う為替差益の拡大により純利益が増加したもの。
 一方、ニッケル鉱石輸出量は前年同期比4.5%増の489万wmtであったほか、国内向けリモナイト鉱石出荷価格は電気自動車バッテリー向け需要増により上昇した。しかし売上高は上述のとおり減少であったので、輸出価格低下の影響はかなり大きいと見られる。

ページトップへ