閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年8月31日 リマ 栗原健一

ペルー:Las Bambas銅鉱山、地域住民がアクセス道を道路封鎖

 2018年8月27日付け地元各紙によると、Las Bambas銅鉱山(Apurimac州)では、8月22日から鉱山とMatarani港をつなぐ道路の一部が封鎖されている。道路封鎖を行っているのは70~数百人にのぼるApurimac州Fuerabamba村の住民で、石や棒による封鎖を行った上、道路の表面に深い溝を掘り、精鉱輸送トラックの走行を阻んでいる。封鎖地点はCusco州Chumbivilcas郡Yavi Yaviエリアで、住民は地表利用の対価について協議会設置を要求している。これについて住民側の弁護士は、国がコミュニティの所有地に建設された道路を違法に「国道」と宣言したためと主張している。
 一方、Las Bambas銅鉱山のオペレーターであるMMG社の情報筋によれば、鉱山操業は通常通り継続されており、生産への影響は出ていない。さらに、同社の声明によれば「コミュニティ代表者らが外部の人々によるアドバイスを受け、MMG社や政府との交渉を拒否したことは遺憾であり、平和的解決に向けた唯一の道は対話である」と発表した。

ページトップへ