閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年8月31日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Zacatecas州知事、San Martín鉱山の操業再開を歓迎

 2018年8月28日付け地元紙によると、Alejandro Tello・Zacatecas州知事は、11年間、鉱山労働者のストライキにより操業を停止してきたSan Martín鉱山の操業再開を歓迎した。同鉱山は、3,600名の雇用を創出し、毎年12.5mUS$の賃金が支払われ、今後10年間で500mUS$の経済効果が見込まれる。また、地域経済の発展に大きく貢献するものであり、政府、投資家、鉱山が共に協力していくことによって共通の利益を享受することができると語った。なお、同鉱山を保有するGrupo México社は同鉱山の操業再開の初期投資として77mUS$を投資する計画である。

ページトップへ