閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年9月4日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Napoleón Gómez上院議員、横領の疑いの問題に楽観的な見解

 2018年8月30日付け地元紙によると、10年以上亡命していたカナダから帰国したメキシコ鉱業組合の指導的役割を果たしていると言われるNapoleón Gómez上院議員は、上院議員宣言後、メキシコ鉱山のため正義と威厳を持って責務を果たすと述べた。更に、同氏に向けられている横領の疑いについては、一部のエリート集団による組合制度の崩壊のための策略である。司法制度の下、この問題を終結させ、上院議員としての責務と、組合の活動を進めることを優先したい。そして、政治的、法的な活動を通じて、メキシコの鉱山や労働者だけでなく、多くのメキシコ人に法の支配の下、正義、尊厳が回復すると非常に前向きに考えたいとして、継続中の紛争に関する質問には具体的な回答を避けたものの、追加の質問では、過去の紛争解決は和解、交渉による扉が開かれると返答した。

ページトップへ