閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年9月4日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Vale Indonesia社の株式20%売却準備が整い、Antamが取得の意向を表明

 2018年8月30日付地元メディア等によると、Sorowakoニッケル鉱山の権益所有・操業会社であるPT Vale IndonesiaのNico Kanter CEO兼社長は8月28日、同社の株式20%を2019年10月までに売却する準備が整ったと述べた。売却方法は、最初は中央政府に、その後地方政府、国営企業、民間企業等に譲渡のオファーを行い、交渉がまとまらない場合は証券取引所での公募になる。同社の株式は現在、Vale Canada Ltd.が58.73%、住友金属鉱山(株)が20.09%、ヴァーレ・ジャパン(株)が0.55%、住友商事(株)が0.14%、残り20.49%を一般の株主が所有しているが、どの株主所有の株式を売却するかについては公表されていない。
 一方、国営非鉄金属会社Antam(PT Aneka Tambang)のArie Prabowo Ariotedjo社長は、株式の売却評価額が合致すれば取得したいとの意向を明らかにした。なおこの株式取得は、政府の方針にも沿ったものである。

ページトップへ