閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年9月5日 シドニー 吉川竜太

米:豪Northern Star社、AK州Pogo金鉱山の全権益を住友金属鉱山と住友商事から買収することを発表

 2018年8月30日、豪Northern Star社は住友金属鉱山(株)が85%、住友商事(株)が15%の権益を保有する米国AK州Pogo金鉱山の全権益を260mUS$で買収することを発表した。住友金属鉱山(株)によると、Pogo鉱山は2006年から操業開始、2009年から同社がオペレーターを務めていたが、同鉱山のすべての資産と債務をNorthern Star社に引き継ぐことで合意し、2018年10月に譲渡を完了させることを目指すとしている。
 Northern Star社によると、Pogo鉱山は過去12年間で3.8mozの金(平均品位:Au 13.6g/t)を生産しており、JORC非基準ながら平均品位12.2g/tで4.1mozの金を含む資源量・埋蔵量を保有している。Northern Star社は、2018年7月1日以降に同鉱山から生じる全ての金銭的利益を授受することが可能となり、2019年度中に250~260kozの金生産量(AISC:1,175 $/oz)が同社の金生産量に追加されることを見込んでいる。

ページトップへ