閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
アルミニウム/ボーキサイト
2018年9月5日 モスクワ 黒須利彦

ロシア:Rusal社、対露制裁の影響によりNadvoitsyアルミニウム製錬所休止

 2018年8月7日付の地元報道等によると、2018年4月に米国による対露制裁の影響により、Nadvoitsyアルミニウム製錬所(略称NAZ、Rusal社傘下、Karelia共和国)は販路と安定した原料供給元を失った。これまでの生産体制が完全に米国指向だったことから、同社の製品需要がなくなり、2018年4月以降は在庫を増やすばかりで損失が膨らんた。2018年8月、損失を抑えるため、Rusal社はNAZの電解施設の休止に踏み切らざるを得なかった。
 Rusal社は、NAZ従業員の解雇はせず、雇用は継続可能としている。従業員の一部は、Nadvoitsy町の生活機能と実施中のプロジェクトを支える現場で仕事を継続する。NAZの総従業員数は343名である。

ページトップへ