閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年9月5日 シドニー 吉川竜太

豪:CSIRO、シアンや水銀を利用しない金抽出・生産技術による金を豪州で初めて生産したことを報告

 2018年8月29日付の地元メディアによると、豪州科学産業研究機構(CSIRO)はシアンや水銀などといった有害な化学薬品を利用したプロセスを経ずに金を抽出・生産することに、豪州国内において初めて成功したと発表した。CSIROによると、シアンを利用した金抽出技術である青化法は世界の金生産の90%以上で利用されているが、生産者は環境・健康への影響を懸念する声を背景とする規制強化に直面しており、米国、南米、欧州の幾つかの州や国では、青化法の利用を禁止する措置が取られている。今回開発された技術はEco Minerals Research社との共同研究に基づいて、10年以上の期間と20mA$もの予算を費やした。シアンに代わりチオ硫酸を使用することにより、青化法で30mA$を要するプラント建設費用を、2~2.5mA$程度にまで低減させることが可能であるとしている。

ページトップへ