閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年9月5日 シドニー 吉川竜太

ニュージーランド:高等裁判所、South Taranaki Bight海底砂鉄プロジェクトの海洋利用許諾認可に対する不服申立てを認める判決を下す

 2018年8月28日付の地元メディアによると、ニュージーランド環境保全庁が2017年8月、ニュージーランドに拠点を置くTrans-Tasman社に対してSouth Taranaki Bight(STB)海底砂鉄プロジェクトの海洋利用許諾を認可したことに対し、高等裁判所は地元先住民グループや環境保護団体による不服申立てを認める判決を下した。高等裁判所の判事は、環境保全庁の意思決定委員会による海洋環境保全に関する法律用語の解釈に誤りがあり、それが海洋利用許諾認可に影響した可能性があると指摘。ニュージーランドのEEZ法などに反するとして海洋利用許諾認可を破棄し、正しい法の適用に基づいた再審査実施のため、環境保全庁に判断を差し戻す判決を下した。この判決に対し、Kiwis Against Seabed MiningとGreenpeaceは共同で「海の勝利である」と、判決を歓迎する声明を発表。一方Trans-Tasman社は高等裁判所の判決に失望しており、今後の選択肢を決定するまでコメントを控える、とした。

ページトップへ