閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年9月11日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Kootenay Silver社、Maléプロジェクトで高品位の金サンプルを確認

 2018年9月6日付け地元紙によると、加Kootenay Silver社(本社:バンクーバー)は、同社がSonora州に保有する同州の州都Hermosillo市から南東100kmに位置するMaléプロジェクトにおいて追加で実施しているサンプリング調査の結果を発表した。
 地表面における1か月間で採取された33個のサンプルでは、品位:Au 1g/t以上の19個のサンプルを含め0.05~36g/tの金を捕捉した。特に注目されるサンプルとしてはAu 36g/t、25.5g/t、24.7g/t、17g/t及び12.1g/tの分析結果を得ている。同社はこれまで426個のサンプルを得ており、うち36%が10g/t以上の高品位なサンプルである。同プロジェクト地域は、50~70年前に操業されていたが、最新技術による探査が行われた実績はほとんどなく、ボーリング調査も進んでいない。そのため、今後は、ボーリング調査地区の特定作業を進めていく予定である。

ページトップへ