閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年9月12日 サンティアゴ 村上尚義

チリ:チリ政府、銅機密法を廃止する法案を議会に提出

 2018年8月6日付けメディア報道によると、Piñera大統領は銅機密法(Ley Reservada del Cobre:法律第13196号)を廃止し、軍への新たな資金システムを確立するための法案に署名した。今後、議会で同法案の審議が開始される。
 Piñera大統領は同法案について、「一般予算からの防衛費支出を最小限に抑えているものの、しかし特別な状況に対処するための緊急資金を含めている。これまで防衛費に関する分析、検討および意思決定に議会は関与できなかったが、新法案では議会で審議・議決された新たな複数年にわたる防衛資金システムになる」と述べた。
 Piñera大統領の第1次政権当時、2011年にAllamand国防大臣が上院財政委員会を設置して銅機密法の廃止を検討していたが、審議は途中で休止となった経緯がある。

ページトップへ