閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年9月12日 リマ 栗原健一

ペルー:Doe Run Peru社債権者集会、従業員による資産買収期限を9月末まで延長

 2018年9月10日付け地元各紙によると、9月7日に実施されたDoe Run Peru社の債権者集会は、債権者の一部である従業員団体によるLa Oroya精錬所(Junin州)とCobriza鉱山(Huancavelica州)の買収期限を9月27日まで延期することを決定した。本期日までに、従業員団体は中国企業Samsel Group社の支援を得て、これら資産の買収に必要な資金を用意できる旨証明しなければならない。
 本期日までに支払いを保証できない場合、債権者集会は従業員団体による買収提案を却下し、新たな入札実施を検討する見通しとなっている。

ページトップへ