閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年9月14日 メキシコ 森元英樹

ドミニカ共和国:Cerro de Maimón金銀銅鉱山、マインライフ延長に向け1,000mUS$投資

 2018年9月11日付け地元紙によると、ドミニカ共和国鉱山企業Corporación Minera Dominicana社(Cormidom)は、同社が保有するCerro de Maimón金銀銅鉱山に1,000mUS$の投資を計画している。エネルギー鉱山省の資料によると本投資の目的は、坑内開発によるマインライフの延長にあり、新たな鉱床を開発することで約10年、マインライフを延ばすことができると予想している。Antonio Isa Condeエネルギー鉱山大臣は、この投資は、企業のみならず、政府、鉱山地域にとってWin-Winの関係にあると強調した。投資の詳細は非公表であるが、2018年7月、スウェーデンの鉱山機械メーカーであるEpiroc社は、Cerro de Maimón鉱山向け掘削機械等の受注(24mUS$)を発表している。なお、Cormidom社は2010年に加Globestar社から豪Perilya社(本社:Perth)が買収した会社であり、さらに、Perilya社は、Zhongjin Lingnan Mining HK Company Ltd.(中金嶺南有色金属公司の子会社)が保有する会社である。

ページトップへ