閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年9月19日 シドニー 吉川竜太

ニュージーランド:鉱業冶金協会主催の現地視察会において環境保護団体が抗議活動を実施、逮捕者も

 2018年9月14日付の地元メディアによると、大洋州鉱業冶金協会(AusIMM)主催の現地視察会でニュージーランド北島のCoromandelを訪れた参加者に対し、地元環境保護団体に属する約12人が公道にバリケードを設置し、保護地域(conservation land)内における鉱業活動反対を訴える活動を行い、逮捕者が出る騒ぎとなった。現地視察会は9月13日から週末にかけて開催されているもので、参加者がCoromandel Forest Park内の小規模な金鉱山跡地への視察を実施しようとした際、保護地域内における鉱業活動への反対グループが抗議活動の一環として、鉱山跡地への唯一のアクセス道路を封鎖した。封鎖は警察による命令を受けて解除されたものの、一連の騒ぎの中で反対グループの5名が逮捕される騒ぎとなった。地元メディアによると、現地視察会が実施された北島最大の炭鉱においても、石炭使用に反対するグループによる抗議活動が実施されたと報じられている。

ページトップへ