閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年9月21日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:AMLO次期大統領、鉱山開発における地域住民協議の重要性を強調

 2018年9月18日付け地元紙によると、AMLO次期大統領は、Baja California Sur州La Paz市で開催された講演会において、鉱山(採掘)プロジェクトを進める許可の決定は、地域住民に委ねられるとの見解を示した。同州では、メキシコ鉱山投資企業Invecture Group社の子会社であるDesarrollos Zapal社が250百万US$の投資を計画している露天掘りLos Cardonesプロジェクト(露天掘り)があり、同プロジェクト一部がSierra de la Laguna自然保護区内に入っている。また、8月には水資源への影響を懸念している数百人の住民が抗議活動を行っていると報じられている。
 AMLO次期大統領は、上記見解を述べ、「非常に簡潔である、Baja California Sur州の詳細な調査を行い、人々(地域住民を指すかは不明)はその内容により決断する。調査に続き正式な協議が行われ、法律に従ったプロセスを行うことを約束する」と付け加えた。そして、「協議は、全プロジェクトに適用される。民主主義において、全ての決定事項は協議の下に形成されることになっている。Los Cardones鉱山の件であれ、どのようなメリットのある案件であったとしても協議がなされる」と強調した。

ページトップへ