閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年10月2日 リマ 栗原健一

ペルー:環境評価監査局(OEFA)、Los Chancas銅プロジェクトにおける早期環境評価計画を発表

 環境評価監査局(OEFA)は2018年9月28日、Southern Copper社のLos Chancas銅プロジェクト(Apurimac州)の影響下エリアにおける早期環境評価に関し、地域住民を対象としたワークショップを開催した。
 ワークショップには周辺地域の住民ら113名が出席し、OEFAは早期環境評価の目的のほか、地表水、泥土、水性生物、土壌、大気、騒音、野生動植物等の項目に対する環境評価の実施計画について説明を行った。またモニタリングの実施地点が発表されたほか、市民社会や自治体等からの出席者による意見交換が行われた。さらに、OEFAの機能や権限に関する紹介や、サンプリングの手順、評価活動に係る規定、参加者の権利と義務等が説明された。
 Los Chancas銅プロジェクトにおける早期環境評価は10月10日から開始され、OEFAは予防的観点から将来の監査時に役立つプロジェクトの環境ベースラインを把握する。また早期環境評価では全段階に市民が参加する。
 OEFAは、これらの活動を通じて全国的な市民参加を強化しており、OEFAの環境監査に対する信頼の樹立を図っているとしている。

ページトップへ