閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年10月5日 シドニー 吉川竜太

豪:2018年4~6月四半期におけるASX上場探鉱企業への資金流入額が2.14bA$と、前四半期比で58%の増加となる

 2018年9月30日付の地元メディアは会計事務所が発表した新しいデータを取り上げ、2018年4~6月四半期にASX上場の探鉱企業に対して流入した資金が2.14bA$にのぼり、前四半期比で58%の増加、2017年1~3月四半期との比較では約2倍となったとを報じた。特に、石油・ガス企業への資金流入額が大きく、リチウム企業、ミネラルサンド企業、亜鉛企業がそれに続いている。同四半期の探鉱費支出額は421mA$で8期ぶりの高水準となり、豪連邦政府が導入した探鉱インセンティブ制度を利用したジュニア企業の支出が増え始めたことが影響していると推察している。会計事務所によると、このような市場の上昇傾向は、反面、コスト増加とリンクしており、経営陣の給与や旅費、事務所経費などを含めた資源業界の管理費支出は、2017年1~3月四半期との比較で31%増の229mA$となったと報じられている。

ページトップへ