閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年10月10日 ロンドン ザボロフスキ真幸

ポルトガル:ILZSGの鉛需給予測、2019年は50千tの供給過剰へ

 2018年10月4~5日、ポルトガル・リスボンで国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2018年及び2019年の鉛需給予測について協議が行われた。ILZSGは鉛需給バランスについて、2018年は123千tの供給不足、2019年は50千tの供給過剰になると予測した。
 供給サイドについては、2018年の鉛鉱山生産量は豪、中国、カザフスタン、米国等による減産があるものの、キューバ及びインドの増産とバランスすることにより前年比0.4%減の4,582千t、2019年はアルゼンチン、豪、カナダ、中国、インド、カザフスタン、南アの増産により前年比4.1%増の4,768千tになると予測した。鉛地金生産量については、2018年は豪、インド、カザフスタン、米国の増産がカナダ、ドイツ、中国の減産と相殺されることにより前年比0.4%増の11,585千t、2019年は欧州、米国、豪、中国、インド、韓国等の増産により前年比2.2%増の11,838千tになると予測した。
 需要サイドについては、2018年の鉛地金消費量は前年比0.2%増の11,708千t、2019年は前年比0.7%増の11,788千tになると予測した。中国における鉛地金消費量は電動自転車及び電動二輪車のリチウム電池普及による需要減、自動車セクターの成長鈍化により2018年は前年比0.6%減少、2019年はさらに前年比1.3%減少すると予測した。

ページトップへ