閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年10月12日 メキシコ 森元英樹

パナマ:Cobre Panamá銅プロジェクトの承認問題、国際投資仲裁の可能性

 2018年10月8日付け地元報道において、加First Quantum Minerals社子会社Minera Panamá社弁護士は、同社が保有するCobre Panamá銅プロジェクトに対し下された判決(2018年10月3日付 ニュース・フラッシュ:加First Quantum社、Cobre Panamá銅プロジェクトの正当性を訴える参照)により、同プロジェクトの開発に関する契約履行が果たされない可能性があることから、同社は国際投資に係る仲裁手続を進めると述べた。さらに、同社の訴えが認められるとパナマ政府には1,000億US$の支払い義務が課せられる可能性があると付け加え、そして、2019年から生産が開始される同プロジェクトの中止がパナマ経済の将来に大きなダメージを与えることを地元NGOの環境アドボカシーセンター(CIAM)は考えるべきであると述べた。

ページトップへ