閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
PGM(白金族)
2018年10月18日 ロンドン ザボロフスキ真幸

南ア:PwC社、2018年の南ア鉱業セクターはPGM価格の低迷により成長を妨げられていると言及

 2018年10月2日付のメディア報道によると、PwC社は2018年の南ア鉱業セクターについて鉄鉱石、石炭、マンガン、クロム価格の上昇にも関わらず、継続するPGM価格の低迷が要因となり南ア鉱業セクターの成長が妨げられているとした。鉱山企業のコスト削減対策は、投入コストのインフレを相殺することができず、コスト高及び生産性の課題は業績の低下を招き、2018年も鉱業セクターは損失を出しているとした。一方、2018年は2012年以降初めて設備投資額が増加したが、非効率且つ老朽化したシャフトの閉鎖が相次いだ年でもあった。また、2018年9月に公表された鉱業憲章に関しては、一部批判は残るだろうとしたが、業界及び政府の協調的な努力の結果であると評した。

ページトップへ