閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
タングステン
2018年10月23日 モスクワ 黒須利彦

ウズベキスタン:タングステン・クラスター創設へ

 2018年10月2日付の地元報道等によると、IFG Capital Partners 社(IFG社)傘下のルクセンブルク企業IFG Metals & Mining社とウズベキスタン国家地質鉱物資源委員会は、2018年9月28日、ウズベキスタンの7つのタングステン鉱床の探査・開発に関する独占協定に調印した。同協定により、ウズベキスタンにおいてタングステン・クラスターが創設され、このクラスターへの投資額は25~30年間で3億US$となり、1,500人の雇用が創出される見込みである。
 7鉱床のタングステン年産量は2024年までに5,700t(世界のタングステン総生産量の約6%)となる。予備地質調査により、7鉱床には約13万tの酸化タングステンが存在し、類似のプロジェクトに比べ平均品位が高いことが判明している。IFG社は、鉱石を処理する2つの移動式プラントを建設し、製品は全て北米とEUに輸出する予定である。

ページトップへ