閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年10月23日 ロンドン ザボロフスキ真幸

南ア:Mantashe鉱物資源大臣、南ア鉱業セクターにおける健康及び安全性向上を呼び掛け

2018年10月18日付のメディア報道によると、Gwede Mantashe鉱物資源大臣は、鉱山の健康及び安全性サミット(Mine Health and Safety Summit)で南ア鉱業セクターにおける過去2年間の鉱山死亡事故が増加していることから、同セクターにおける健康及び安全性を緊急に改善する必要があると言及した。2017年の鉱山死亡事故数は88件、2018年はすでに69件が報告されており2017年の件数を超える可能性があり、当初11月に開催予定であった同サミットは、事故数増加のため前倒しされた。Mantashe大臣は、同セクターの健康及び安全性を改善するために、鉱山会社は従業員に生産目標達成の圧力をかけないこと、操業における安全衛生の教育及び訓練を継続的に行うこと等を注意点として挙げた。さらに、Mantashe大臣は、第4次産業革命(4IR)が業界を変革するけん引役になるとし、近代鉱業におけるテクノロジーの導入は、健康及び安全性を高めることに繋がるとした。

ページトップへ