閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ニッケル
2018年10月23日 ジャカルタ 南博志

インドネシア:Antam、北Maluku州でのニッケル銑鉄製錬所建設でシンガポール企業と合意

 2018年10月12日付地元メディアによると、国営非鉄金属会社PT Antam(PT Aneka Tambang)は10月11日、北Maluku州東Halmahera県で計画しているニッケル銑鉄(NPI)製錬所の建設について、シンガポールのOcean Energy Nickel International社(OENI社)と基本合意書を締結した。Antamが原料の鉱石の供給を保証し、OENI社が建設完了までの資金確保を行う。総事業費は3億2,000万US$。事業会社の保有株式比率はAntam30%、OENI社70%で、製錬所稼働から5年後までにAntamの保有株式を過半数まで引き上げる予定。製錬所は、生産ライン全8本、年産能力NPI 32万tで、2020年第4四半期にはうち2本、2023年には全8本の生産ラインを稼働させる計画である。なお、本件は両社が2015年3月にパートナーシップ契約を締結していた案件で、これにより本格的に動き出すものと思われる。

ページトップへ