閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2018年10月26日 シドニー 吉川竜太

豪:WA州Sino鉄鉱石プロジェクトを巡る訴訟合戦の動きについて

 2018年10月23日付の地元メディアによると、WA州でSino鉄鉱石プロジェクトを操業する中国国営のCitic社は、同プロジェクトの鉱区を保有しているMineralogy社と同社を保有するClive Palmer氏を相手取り連邦裁判所に提訴した。Citic社によると、Mineralogy社はSinoプロジェクトの操業継続に必要な廃石・廃滓処分施設の拡張に関係する提案に対して不当に判断留保を続けており、留保が続けばプロジェクトのコスト増大や操業計画の変更、最悪の場合には操業の中止などの損害を被り、あるいはすでに被っているため、提訴に踏み切った。報道によると、Sinoプロジェクトに関してState Agreementを締結しているWA州政府も同訴訟に加わっている。一方、Citic社がSinoプロジェクトの環境現状復旧ファンドへの入金義務を過去12年間果たしていないとして、Mineralogy社がCitic社を相手取り500mA$規模の訴訟をWA州最高裁判所に提訴したことをPalmer氏が明らかにした。

ページトップへ