閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年10月30日 北京 関淳夫

中国:雲南省で100億元規模の新材料産業基金を設立見込み

 安泰科によれば、雲南省政府は、新材料産業基金を設立する見込みで、規模は約100億元で、初期の規模は約20億元である。国内戦略的新興産業と「中国製造2025」戦略の中で主要成長分野とされている10大分野の中でも、新材料産業は、21世紀に最も将来性のある産業として認識されており、いわゆるハイテク産業である。雲南省発展改革委員会の関係責任者の紹介によると、雲南省は、「非鉄金属王国」とも呼ばれており、鉄、非鉄金属、レアメタル及び非金属鉱物が142種あり、資源埋蔵量も国内10位以内を占めている。鉱物採掘・選鉱、製錬、加工を基盤とし、科学研究、技術や人材等を支援として、競争力のある原材料産業システムを構築している。
 2017年、雲南省の一定規模以上の素材関連企業は1,366社で、資産総額は6,487億元である。雲南省では、たばこやエネルギー産業に次ぐ3番目の基幹産業である。2018年初めに「雲南省新材料産業施工図」を発表し、雲南省新材料業界において光電子微電子材料、非鉄金属材料、グリーン新エネルギー材料、有価金属新材料、レアアース新材料、高性能繊維及び複合材料、先端新材料等七つの分野の開発を行う。

ページトップへ