閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他 ニッケル
2018年10月31日 シドニー 吉川竜太

ニューカレドニア:SLN社、2018年8月から設置されていたKouaouaニッケル鉱山のバリケードが解除されたことを報告

 2018年10月26日付の地元メディアによると、仏Eramet社などが出資するSLN社は、固有樹林の保全を求めて鉱山拡張計画に反対する地元グループによるバリケードが設置されたことで鉱山操業を中止しているKouaoua Ni鉱山に関し、8月から続いたバリケードが解除されたことを明らかにした。SLN社は、紛争が解決したとするにはまだ時期尚早であるが、今後も地元グループと対話を継続することを表明。また、バリケード設置期間中に、同鉱山の鉱石を輸送するベルトコンベアで火災が発生しており、損害評価も時期尚早であるとコメントした。

ページトップへ