閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年11月1日 ロンドン ザボロフスキ真幸

ナミビア:ナミビア鉱業協会、政府が鉱業探鉱ライセンス申請時のエンパワーメント要件を廃止

 2018年10月26日付けのメディア報道によると、ナミビア鉱業協会は、政府が企業に対して鉱業探鉱ライセンス申請の際には、歴史的に不遇を受けてきた黒人ナミビア人(Historically disadvantaged Black Namibians)による一部株式保有及びマネジメントレベルでの黒人参画率を定めた要件を廃止した。ナミビア鉱業協会によれば、同国Tom Alweendo鉱山・エネルギー大臣が鉱業協会宛に書簡で同政策廃止を伝えた。2015年に導入された同政策は、鉱業探鉱ライセンスを申請する企業の経営構造に最低20%の黒人参画率を義務付けており、また企業株式の最低5%をナミビア人もしくはナミビア人所有の企業が保有することを義務付けていた。鉱業協会のHilifa Mbako副会長は今回の廃止という決断は、ナミビアの将来の投資において非常に重要であると歓迎した。

ページトップへ