閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年11月9日 リマ 栗原健一

ペルー:Hudbay Minerals社、Kusiorccoプロジェクトの探鉱に向けた調査を準備

 2018年11月7日付け地元紙によると、Hudbay Minerals社(カナダ)のHair社長は、第3四半期レポートにおいて、Constancia銅鉱山(Cusco州)北部のKusiorccoプロジェクトにおける探鉱の実施に関し、Quehuinchaコミュニティと合意し本探鉱エリアから高品位の資源が見込まれること等を明らかにした。さらに、Constancia銅鉱山北部ではその他にもMaria Reynaプロジェクト、Caballitoプロジェクトを取得した旨明らかにした。
 一方本鉱山南部に位置するPampacancha銅鉱床に関しては、地域住民との合意に向けた交渉を継続しており、2019年からの採掘を目指しているとコメントした。
 Hudbay Minerals社によれば、Constancia銅鉱山における2018年第3四半期の銅生産量は、ミルによる粉砕工程や銅回収率の改善により、前年同期比7%増の32,976tとなった。さらに、本鉱山における操業コストは8.89US$/tで南米の銅鉱山では最も低コストな鉱山の一つであるとし、Toromocho銅鉱山(9.74US$/t)、Cerro Verde銅鉱山(10.43US$/t)と比較してもより低いコストでの操業が行われていると伝えた。

ページトップへ