閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
その他
2018年11月9日 メキシコ 佐藤すみれ

メキシコ:次期大統領、Baja California Sur州において住民協議を検討、他プロジェクトへの影響が懸念

 2018年11月5日付け地元紙の報道によると、次期大統領Andrés Manuel López Obrador(通称AMLO)は、Baja California Sur州において鉱山開発の是非を問う住民協議を検討している。次期大統領の発言では、対象となるのは墨Invecture Group社のLos Cardones金プロジェクトであり、鉱業部門で住民協議が行われるのは国内初となる。また将来的に、すべての鉱業プロジェクトに対し住民協議を取り入れることを検討している。Baja California Sur州では自然環境保全のため鉱業開発に対し厳しい立場をとっており、現在複数の鉱業プロジェクトが許可申請や政治的な問題から開発延期となっている。地元紙によると、協議の結果が同プロジェクトのみならず他のプロジェクトにも影響を与える可能性が考えられる。問題となっているLos Cardonesプロジェクトは投資額250mUS$、年間金生産量は100,000ozの計画である。同プロジェクトは保有鉱区500haのうち300haが隣接するSierra La Laguna自然保護区域にあることから問題となっており、同社は開発による影響を緩和するための計画を発表している。

ページトップへ