閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
リチウム
2018年11月12日 シドニー 吉川竜太

豪:Kidman社、WA州Mt Hollandリチウムプロジェクトにおける同社分水酸化リチウム生産量の15%を三井物産に提供するための基本契約を締結

 2018年11月1日、WA州でMt Holland Liプロジェクトをチリのリチウム大手SQM社と50:50のJV(Covalent Lithium)で推進する豪Kidman社は、三井物産に水酸化Liを供給するための基本契約を締結したことを発表した。契約期間は2019年6月から2年間で、2年間の延長が可能であり、同プロジェクトから生産される水酸化Liのうち、Kidman社取分である22.6kt/yの15%以下を三井物産に提供するという内容。取引価格は、三井物産が顧客から得た価格と国際価格をベースに変更されるが、最低取引価格が設定されている。また、同プロジェクトから生産される水酸化Liの品質が最終調整されること、その品質が三井物産の顧客による使用に耐えうるものであることの2点が、契約の前提条件となっている。Kidman社は2018年5月、電気自動車大手であるTesla社と同社取分の25%以下の量に関してオフテイク契約を締結した。

ページトップへ