閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2018年11月26日 ロンドン ザボロフスキ真幸

DRコンゴ:Katanga Mining社、税関当局による銅輸出入禁止が解除される

 Glencore傘下のKatanga Mining社は、2018年11月16日、プレスリリースにてDRコンゴの税関当局であるDirection Générale des Douanes et Accises(DGDA)により輸出入禁止が解除されたことを発表した。
 2018年11月14日付で発表した同社の2018年第3四半期決算報告の中で、2018年11月9日にDGDAから、2014年12月及び2015年1月に少なくともKamotoプロジェクトの銅6,650tの輸出税の申告を怠ったとして、一時的に銅を含むすべての原料、製品の輸出入禁止命令を受けたことを公表していた。同社では、2014年12月の銅カソード6,650t生産は過大申告だったとし、暫定で請求された4,300万US$と銅カソードの過大計上については、2015~2016年の財務諸表を修正している。
 DGDAは依然として輸出関税の未支払い及び罰金を課すことを求めており、同社はDGDAと争議を継続するとしている。

ページトップへ